低刺激で安全に使えるシミ消し成分

低刺激で安全に使えるシミ消し成分新安定型ハイドロキノン

低刺激で安全に使えるシミ消し成分新安定型ハイドロキノン

シミ対策

妊娠中とはいえ、女性ですから化粧をしたい時もありますよね。

 

ただ、妊娠中はどうしても使える化粧品が限られるようになります。

 

妊娠中もキレイにしていたいし、シミやくすみが特に気になる!

 

でも、赤ちゃんに悪いような化粧品は使えない。

 

そんな思いのはざまにいるけど、いい化粧品にはなかなか出会えないという人も少なくありません。

 

あなたは、そうじゃないですか?

 

普通の皮膚科のシミ治療にはハイドロキノン配合の塗り薬を使います。

 

ハイドロキノンはコウジ酸やアルブチンなど一般的な美白成分の100倍効果があると言われています。

 

今、最もシミに有効な成分なんです。

 

ただ、ハイドロキノンはシミを消すのには高い効果がありますが、肌への刺激も強い成分なんです。

 

このハイドロキノンの短所を改善して妊婦でも安心して使えるよう肌刺激を徹底的に無くすように開発された美白成分が、「新安定型ハイドロキノン」です。

 

 

 

 

シミ対策

この新安定型ハイドロキノンを開発したのは皮膚科医の高瀬聡子さんです。

 

先生は、これを使った化粧品も作られており、これがお勧めなんです。

 

この商品は、開発者の高瀬医師も妊娠・授乳中に実際に使っていたという安心感がある化粧品なんです。

 

高瀬聡子医師は、NHKの「キレイの魔法」でもお馴染の有名な皮膚科医です。

 

Web上のオールアバウトガイドの公式講師も務めていらっしゃる方だから信頼度も抜群。

 

そんな彼女が開発した化粧品で、ご自身が妊娠・授乳中に使っていたというのですから、更に安心感がありますね。

 

この点を、会社に確認してみましたが、「高瀬自身が妊娠中・授乳中に使いましたが、問題はまったくありません」との回答も得られています。

 

皮膚科で使っているシミ治療薬が化粧品として仕え、さらに妊娠中でも安心して使えるなら、本当にありがたいことです。

 

トライアルセットもありますから、一度お試ししてみることをお勧めします。


手ごわい妊娠中の肝斑は、自然には消えません

シミには、様々な種類があります。

 

妊娠を原因とするシミもかなり手ごわいシミの一つです。

 

その専門的な名前は妊娠性肝斑です。

 

30代くらいの女性によく表れ、特徴として言われているのが「ホルモンバランスの乱れでできて、出産後には徐々に薄くなる」というものです。

 

でも、これ実は正しくないんです。

シミ対策

順天堂大学講師で医学博士の春山喜一先生は、妊娠性のシミは「出産後に自然に消える場合もあるが、普通は消えないで普通の肝斑になるだけ」と言っているんです。

 

なので、妊娠中にシミができたあと、ずっと消えずに悩んでいる人が多い理由はこれだったんですね。

 

自然に消えると信じてケアをしてこなければ当然ですが肝斑は悪化するんです。

 

それもあまり知られていませんが、肝斑は炎症性色素沈着ですから、紫外線によって色は濃くなるんです。

 

そういうことですからシミは減らないのも当然。

 

それに追い打ちをかけるようですが、肝斑はそれ単独で現れているようなことはないんです。

 

ニキビ跡や紫外線によるシミなどと一緒になって表れている場合は大多数なんです。


ホーム RSS購読 サイトマップ